シニアに優しい太陽生命保険株式会社

少子高齢化社会は、現在の日本の問題として大きくのしかかっています。現在の日本国内では、介護を理由に離職するという人が10万人もいるほどです。このような環境を憂えていると言われている太陽生命保険株式会社では、業界トップレベルの介護支援環境を実現しています。介護と仕事という難しい両立をサポートするために、太陽生命保険株式会社では様々な施策を行っているのです。また、今後高齢化社会が進展する中で、従業員の介護支援は大切な課題のひとつだと言われています。いろいろな人が働きやすい環境を整えることで、ダイバーシティを推進させることにもつながるのです。

そもそも、太陽生命保険株式会社では、以前から介護に関する休業取得期間は法令を上回る対応をしています。しかし、2016年に介護休業・介護休暇制度を業界の水準を大きく上回るものとしたことで、従業員だけではなく、その家族にも優しい会社になるという思いを具体化することに成功したのです。太陽生命保険株式会社は「シニアの顧客に優しい生命保険会社」を目指しています。それだけに、このような取り組みが必要であるという声も聞かれます。

では、2016年に太陽生命が行った介護休業・介護休暇制度の改正とはどのようなものなのでしょうか。主なポイントのひとつ目は、無条件で介護休業を取得できる対象者の範囲を大幅に拡大したことが挙げられます。祖父母や兄弟姉妹、孫を対象に介護休業を取得するときには、以前は「同居かつ扶養」という条件がありました。今回の改正でこのような条件は撤廃されています。取得期間については、介護休業については1年間から3年間に延長、介護休暇の取得期間は年5日、2人以上は10日といったものから、年30日に拡大されています。また、この介護休業は1回の取得を3回まで分割して取得することができるようになりました。さらに休暇は1日単位だけでなく半日での取得も可能となりました。これによって介護に伴う通院や役所の手続きに役立つという声も聞かれるようです。

太陽生命株式会社は介護支援に力を入れています。元々法令の基準を上回っていた介護休暇や介護休業の取得期間ですが、2016年に改正したことで、その水準は高いものとなったのです。この理由としては、太陽生命保険株式会社が「シニアの顧客に優しい生命保険会社」を目指しているからだと言われています。超高齢社会を迎える日本の現状の中で、このような考え方を持っている企業に勤める従業員としては、安心感があると言えるでしょう。