スマートワークの推進で仕事を共有する太陽生命

従業員数が11,370名と巨大な企業であるとも言われている太陽生命は、働き方に対しても強い関心を持っている企業としても知られているようです。人の良さと働きやすい環境が魅力だと言われている太陽生命のワークライフバランスの充実度とは、どのようなものなのでしょうか。

まず、太陽生命で働いている社員が感じているのは、上司や先輩がとても気さくでにぎやかだという印象です。上司との距離が近いため、仕事だけではなくプライベートも相談ができるという環境は、家族に近いと感じる人もいるようです。そのため、働きやすさに直結し、効率的な仕事にも結び付くようです。上司や先輩は視野が広く、悩んでいたり迷っていたりしていたときに適切なアドバイスをしてくれたという声もあるように、太陽生命ではオープンな社内環境が魅力的だと思っている人がいるそうです。

また、社内制度が充実していることも、働きやすさに関係しているようです。たとえば、小さな子どもがいるという社員は育児に取り組まなければなりません。また、パートナーが単身赴任をしているという環境の場合、仕事に集中しづらくなってしまうという人もいるかもしれません。しかし、制度を積極的に利用することで、太陽生命でしっかりと働けるという可能性もあります。たとえば、出産後は育児休暇を1年間使い、大きくなるまでは時短勤務で働くなど、ライフイベントの推移によって働き方を変えることができる魅力も見逃せません。また、子どもの学校行事は平日に行われることもあります。そのような場合にはフレックス勤務屋半休で対応することもできるので、はじめは育児と仕事を両立することができるのかと不安だった社員も、バランス良く自分の居場所を確保できると語っているようです。また、仕事や家庭、趣味などの自分の世界を複数持つことで、気持ちや時間を分けることができ、それがリフレッシュにも繋がっているようです。

スマートワークの推進は太陽生命の社内環境を変化させたようです。お互いが担当業務にとらわれることなく仕事を共有することで、相互に支え合うようになったという声もあるように、仕事の進め方自体を変化させて能率的に動こうという考えになっているという太陽生命。このような動きや社員の生活を充実させるだけではなく、会社として顧客に満足度の高いサービスを提供することにも繋がります。横の繋がりで仕事を共有することで、担当者がいないと何も仕事が進まないという事態もなくなったようです。