太陽生命は人柄を重視した採用方法を行う

東京都中央区日本橋に本社を置いている太陽生命保険株式会社は、その他にも、北海道や東北、関東、近畿や東海、中国・四国、九州にも支社を置いています。創業1893年という歴史を持つ太陽生命株式会社は、働きやすい職場環境をつくるためにどのような取り組みを行っているのでしょうか。

太陽生命は長く働いている人が多いようです。その理由のひとつに職場の雰囲気が良いということも挙げられます。採用試験に筆記試験がなく面談のみ行われる太陽生命株式会社は、それだけ人柄と人間性を重視しているとも言われます。そのため、入社してからも、お互いが尊重し合える関係を築き上げやすいそうです。

また、働き方に対する考え方を改革している点も見逃せないです。スマートワークの推進を徹底していることによって、自分の力だけではなくお互いが情報や業務内容を共有して仕事を行います。そのことによって退社時間が短くなり、ゆとりがある生活を送りやすくなっているそうです。家庭の事情でどうしても休まなければならないというときでも対応ができるような仕組みがつくられているということも魅力的です。一般的に「残業しているほうが偉い」という風潮が強い日本の職場環境ですが、太陽生命保険株式会社は違います。上司を中心として17時のチャイムがなると一斉に帰るという雰囲気がつくられているので、逆にしっかりと業務時間内に仕事が終えることのできる効率的な働きぶりが求められるそうです。

太陽生命について詳しく見る

太陽生命保険株式会社では、このようなスマートワークを推進するために各種制度を充実しています。子育て支援に対する取組みも積極的に行っており、そのことを東京労働局長から評価されています。「基準に適合する一般事業者の認定」を取得しただけではなく、2015年には「プラチナくるみん」というより高い水準で取り組みを行っている企業に送られる認定を取得しています。また、2016年からは介護休業・介護休暇制度を拡充して、仕事と介護の両立も積極的に取り組んでいるそうです。

太陽生命保険株式会社は、東京だけでなく全国的に企業活動を展開している企業です。その太陽生命保険株式会社では、職場の雰囲気が良いという特徴があります。筆記試験ではなく面談を繰り返し行うことで、社員の人間性を重視して採用を行うという採用方法も、そのために行われているそうです。また、スマートワークの推進や各種制度を充実させることによって、社員が生き生きと働けるように真剣に取り組んでいるのが太陽生命保険株式会社だと言えそうです。